【ネットで学ぶ占い四柱推命】男女の相性の見分け方と相性ランキングを解説

占いオンライン講座

この記事はこんな人におすすめ!
・彼氏(彼女)、夫(妻)との相性を知りたい
・相性を簡単に自分でもチェックできるようになりたい
・相性が良くない相手の対処法

交際間もないカップルでも、長年連れ添ってきた熟年夫婦でも、フッとした時に「自分たちの相性ってどうなんだろう?」と思うことありませんか?

この記事では、パートナーとの相性の見分け方や最も相性の良いカップルから凶となる相性をランキングにして解説していきます。

実際に命式を使いながら分かりやすく説明していきますので、既婚者、未婚者、交際中の人もそうでない人もぜひご一読ください。

命式のサンプル

早速命式を見ていきましょう。

1980/01/14 生まれの男性と1985/10/19生まれの女性を例にして解説していきます。

Aさん(男性):1980/01/14 生まれ 43歳(数え年)

蔵干
劫財 傷官 通変星
正財 正官 刧財 通変星
12運

日干:丙(=火)(陽干)
宅神:辛卯
破宅神:乙酉

Bさん(女性):1985/10/19生まれ 37歳(数え年)

蔵干
正官 偏財 通変星
偏財 偏官 比肩 通変星
冠帯 12運

日干:辛(=金)(陰干)
宅神:丙戌
破宅神:壬辰

相性占いで重要なこと

四柱推命の相性占いは、日干日支と宅神や破宅神の有無をチェックします。サンプル命式表の中で、赤字になっている部分が日干と日支です。

日干同士の関係

日干は自分の魂を表します。そこで、日干は相性を占う上では外せないポイントになるわけなんですね。

最も相性が良いのは、このサンプルの2人のように、日干同士が「干合(かんごう)」しているケースです。(サンプルの場合「丙」と「辛」)

更に理想的なのは、男性が陽干日生まれで女性が陰干日生まれになっていることです。(男性からみて女性が正財になっている)

反対に女性が陽干日生まれで男性が陰干日生まれの場合、相性は良いですが男性が女性の尻に敷かれるか、女性優位のカップルになりやすいです。

次に、悪い相性となるのは、お互いの日干が隣り合う五行になっている場合です。

このサンプルの男性で言えば、彼の日干の「丙(=火)」と隣り合う五行は「土」と「木」。そこで、日干が「戊」「己」「甲」「乙」となる女性とは相性は良くありません。

女性から見た場合、サンプル女性の日干は「辛(=金)」なので、隣り合う「水」と「土」、具体的には「壬」「癸」「戊」「己」を日干に持つ男性とは悪い相性と考えられます。

日干の相性が悪いケースでは、考え方や価値観が相入れずイラっとすることが多かったり、初めは良くても結果的には物別れに終わりやすい関係となります。

日支同士の関係

日干が自分の魂を表すのに対し、日支は自分のSEX(=肉体)を表します。

男女のように肌と肌が触れ合ったり、或いは子供を作るとか家族を築くという観点から、日支の相性は日干以上に重要です。

最も良い相性とされるのが、日支同士が「支合(しごう)」か「三合(さんごう)」している関係で、体の相性もよく子宝に恵まれたり、SEXでの幸福感を得られる相手となります。

サンプル命式では、男性の日支が「戌」と女性の日支の「卯」は支合するので、SEXの相性もバツグンの相性となっていますね。

三合のケースでは、男性の日支の「戌」と三合する「寅」や「午」を日支に持つ女性、女性の日支の「卯」と三合する「亥」や「未」が日支となる男性とはそれぞれ良い相性となります。

因みに、この例の男女は日干が干合していて、日支も支合している命式を四柱推命では「鴛鴦の合(えんおうのごう)」と言い、所謂オシドリ夫婦のような鉄板無敵な最高の相性とされています。

もし、このような命式の相手と出会えたなら、ご縁を大切にしっかり捕まえておきましょう。

宅神と破宅神

家庭や家屋に関して占うのが宅神や破宅神です。

宅神や破宅神についての詳しい解説は【ネットで学ぶ占い四柱推命】家庭円満を示す「宅神について」をどうぞ。

関連記事

宅神と破宅神は自分自身の家庭を占う時にも使いますが、相性占いでは自分の宅神と同じ12支、或いは自分の宅神の12支と三合する12支を持つ相手とは良い相性になります。

このサンプルの男女の場合、お互いに自分の宅神が相手の日干日支になっているので、大変に良い相性です。

自分の宅神と同じ12支や三合する12支を持つ相手とは、長時間顔を合わせていても疲れないとか居心地の良い相手となり、反対に自分の破宅神と同じ12支か三合する12支があると、波長がずれていたり相手の言動が鼻につくような関係とされています。(特に月支にある時)

更に、このサンプル女性の命式をよく見ると、月の柱には男性の日干日支と全く同じ「丙戌」が入り込んでいますよね。

このような場合、この女性はおそらく相手の男性に心底惚れている、ゾッコンな相手となるわけです。

親子の場合ですと、絆の深い親子という見方にもなってきますね。

相性ランキング

日干日支や宅神、破宅神の有無、支合と三合の観点で男女の相性をランキングにして見ました。

  1. 日干が干合していて、日支が支合か三合している(鴛鴦の合)
  2. 日支が支合か三合していて、日干が隣り合う五行ではない
  3. 日支が支合か三合していて、且つ宅神と同じ12支か三合する12支を持っている
  4. 日干が干合していて、宅神と同じ宅神と同じ12支か三合する12支を持っている
  5. 日干が隣り合う五行だが、日支は支合か三合している
  6. 日干が隣り合う五行だが、宅神と同じ12支か三合する12支を持っている
  7. 日干が隣り合う五行で、破宅神と同じ12支か三合する12支を持っている(特に月支にある場合)

まとめ

四柱推命の相性占いでは年運や大運の影響を受けたり、他にもチェックすることはありますがお互いの日干日支から占うのが原則です。

相性の良し悪しを知ることは、相手との接し方や考え方を変えるきっかけになるかもしれませんよね。

これまで会わないと感じていた人が案外相性の良い相手だったりすると、苦手意識が薄れて相手のことをよく見てみようと感じたり。

この記事では最高の相性を例にして見ましたが、実際にはこのような良い相性の人と巡り会うことは難しいでしょう。それだけに、もし出会うことができたなら奇跡と思ってご縁を深めていただけたらと思います。

生年月日さえ分かれば誰でも簡単に占えますので参考にして見てください。

関連記事

うらないじゃーなる

38,185 views

はじめまして。「うらないじゃーなる」を運営している占術家のマリーと申します。四柱推命をベースに九星気学や断易などで鑑定を行なっています。 占いに対する意見は...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。